領収書を保管してください

ドローンの最新情報を手に入れる

ダウンロード

      

 クイック入門ガイド

1 保証を有効にするため、下記の保証注意事項を必ずお読みください。

 

 1)購入日から、ドローン本体(プロペラ除く)の保証期間は12ヶ月、バッテリーの保証期間は 6ヶ月、モーターは 3ヶ月となります。

         下記のアイテムは保証範囲外となります。
         充電器、USB 充電ケーブル、プロペラ、上部カバーボード、コーナーガード、キャリングケース、フック。

         WWW.IOTFOU.COM に購入情報及びご購入年月日を証明できるレシートや領収書をご登録ください。

 2)未登録の場合、修理をご依頼される際にご購入年月日を証明できるレシートや領収書等のご提示が必要になります。

         領収書やレシートのご提示が出来ない場合、保証期間はご購入した製品の製造年月日を起算日とさせていただきます。

 3)本製品のマニュアルに基づいた正常な使用状態及び使用方法でご使用した場合(弊社の技術者による判断)、

         保証期間内に本製品が故障した場合、弊社が無償にて修理いたします。

 

2 保証期間中には、下記のいずれのことが起きた場合は、修理保証の対象外となります。有償修理の対応となります。

  

 1)誤用、またはマニュアルに反して本製品の使用や指定外の電源使用による故障。

 2)弊社が指定した者以外による本製品の改造、修理、又は分解をした場合。

 3)猛烈な衝撃や圧迫を受けた場合、又は不適正な環境での使用による故障 (砂場、林、水面、水濡れ、火の周りなど)

 4)標高の高い地域や雨天、降雪、強風などの悪天候での飛行による故障。

 5)その他予測不能、あるいは不可抗力による故障又は破損。

 

3 製品の外観は保証の対象外となります。

4 保証期間終了後の修理に関しては、有償にて承ります。

 

・ドローンのシリアル番号をご登録ください。

・お買い上げ時のレシート、領収書をアップロードしてください。

・下記ホームページからご登録ください。

 

   www.iotfou.com/ds

 本体  

 重量

(バッテリー込み)

 270g
 本体サイズ   220 mm × 220 mm× 30 mm
 飛行時間  約8-10分
 動作温度  0~50℃
 動作環境

 屋内 : レザセンサー ; 地表の模様が明瞭で、

 反射率が20%超で拡散反射が可能であること ;

 適切な明るさ (15ルクス超)

 最大上昇高度  ≦  10m(各国の法律に従い)
 制御距離  ≦  30m
 ホバリング精度

 垂直:+/-0.5m

 水平:+/-0.5m (無風時)

 
 APP  
 アプリケーション名  AEE ZONE
 この部分は”飛行の時  720 x 400
 WiFi  ≦  30m (干渉のないオープンエリア)
 対応OS

 Android 4.2.2以上

 iOS 8.0 以上

 
 WIFI  

 WiFi周波数 

(障害物がない時)

 2.4GHz
 カメラ  
 レンズ  FOV120°
 写真解像度  1200万
 ビデオ解像度  1080p/@60fps  EIS(電子式手ぶれ補正搭載)
 ストレージフォーマット  JPG/MP4(MPEG-4 AVC / H.264)
 メモリの容量  別売 (Micro SD Card)  ;  最大64GB対応
 USBタイプ  Micro-USB
 
 バッテリー  
 標準容量  1200mAh
 定格電圧  7.4v
 バッテリータイプ  LiPo
 充電温度  0 ~ 40 ° C
 放電温度  0 ~ 40 ° C
 充電時間  約30分 ; 5V 2A

1. ドローンを初めてお使いになるときは、広い屋外で飛行させ、十分に操作に慣れてください。

2. 飛行中は、常にドローンとの距離を保ち、プロペラに触れないようご注意ください。

3. 目視範囲内で飛行させてください。 人が多い場所、 人の上、 高圧電線などの障害物がある所、砂場、林、水面の上などでは飛行させないでください。

4. 室内で飛行させる場合は、    

   ① 付属の「プロペラガード」を装着してください。(使用する型番により異なる)    

   ② 室内では明かりを十分つけてください。    

   ③ 床の模様がはっきりしていない場所や、光が反射する場所では飛行させないでください。    

   ④ 室内でのセンサー作動最高高度は3メートルです。    

   ⑤ 屋外で飛行したい場合は、室内からの離陸を絶対にしないでくだい。      

 

プロペラガードを装着すると機体の重量が200g以上(使用する型番により異なる)

になるため、屋外での使用は飛行場所によっては国土交通省への申請が必要になります。

 

      詳細は国土交通省が発行しているガイドラインをご確認ください。(http://www.mlit.go.jp/common/001128047.pdf)

 

 5. 飛行させる前に、カメラの向きを確認してください。初期設定では、セルフィー用にカメラが操縦者に向いています。カメラの向きを変えたい

    場合は、アプリの設定から変更してください。また、飛行させる方向には特にご注意ください。

 6. 使用前に、必ず「マニュアル」をよくお読みいただき、操作方法と注意事項を確認してください。

Q&A

Q1. SPARROWの充電時間はどのぐらいかかりますか?
A. 付属の充電器をお使いください。5V/2Aのアダプターの使用をお勧め致します。約90分でフル充電になります。充電時間は2時間を超えないようにしてください。過充電の場合、バッテリーが劣化する恐れがありますので、フル充電(青いインジケーターが点灯)になりましたら、電池を充電器から取り出してください。長時間使用しない場合、電池を日の当たらない風通しのよい涼しい場所で保管してください。3ヶ月ごとに充放電してください。

Q2. 屋内で最適な飛行高度はどのぐらいでしょうか?
A. 屋内の最適な飛行高度は約 1.5m 〜 2mで、肩と同じぐらい高さで撮影する事がおすすめです。明るい屋内(15ルクス)で、床の模様がはっきりしている、反射のない環境で飛ばしてください。同時に飛行の高さは3mを超えないようにしてください。3mを超えるとドローンの測位精度が低くなり、不安定になる恐れがあります。

Q3. 屋外で使用できますか?
A. SPARROW 360はGPS測位機能が付いてないので無風環境でお使いください。視線の範囲内にドローンを操縦し、人の群れや水面を避けてください。
屋外での使用は飛行場所によっては国土交通省への申請が必要になります。詳細は国土交通省が発行しているガイドラインをご確認ください。(http://www.mlit.go.jp/common/001128047.pdf)


Q4. ジャイロキャリブレーションはいつ行う必要でしょうか?
A.SPARROWを飛ばす前に、毎回ジャイロキャリブレーションを行う必要があります。あるいは、下記の状況に該当する場合、必ずジャイロキャリブレーションを行ってください:墜落による電源が切れた場合、離陸する途端横方向に飛行の場合、強烈な不安定、ホバリングが難しくなり、操縦しにくい場合。 ジャイロキャリブレーションを行う方法はビデオをご参照ください。LINK:https://www.youtube.com/watch?v=oqMAyPsKY68

Q5. どんな状況でSPARROWは現地に着陸しますか?
A. スマホのWIFIと切断された場合、アプリは閉じられた場合、或はローバッテリーの警告が通知された場合。安全のため、初めてローバッテリーの警告が通知された時、即時に機体を着陸してください。着陸の場所に障害物があるかどうかを確認してください。

Q6. 赤外線障害物回避機能の有効回避距離はどのくらいでしょうか?
A. 有効な回避距離は30cm以内です。赤外線の放射、受ける角度は±25~35度以内です。 赤外線回避機能は薄色の障害物に良い効果がありますが、濃い色系や透明な障害物には回避機能が弱くなるため、飛ばす時にご注意ください。

Q7. AEE ZONEのスティックはどんな操縦方法がありますか?
A. 今の処ではデフォルト設定はアメリカモードです。(左のほうは上、下で高度を制御し、左、右は方向回転を制御します。右のほうは上、下、左、右で水平に前、後、左、右の飛行をコントロールできます。)

Q8. AEE ZONEでの反転モードはどんな機能でしょうか?
A. このアイコンをクリックすると、機首と機尾が逆転します。スティックの仰俯、横転制御方向と新たな機首方向に対応します。

Q9. タブレットを使ってドローンを操縦することはできますか?
A. 操縦時の使い心地と安全性を考慮して、スマホを通して操縦してください。